おすすめリンク

念仏宗、信徒との交流

家族や友人など、人を大切にする事を一番に考えている念仏宗。信徒との交流は多いのでしょうか?

アクアバンクの代理店になる方法

美容と健康のお手伝いができるアクアバンクの代理店になるために必要とされる資格とは。

取っ手が取れるフライパンの活用法

取っ手が取れるフライパンを解説します。構造やデメリットを把握して便利に使いましょう。

なぜ念仏宗は他国でも人気なのか?

国内だけでは無くスリランカやタイでも多くの方が信仰している念仏宗!その秘密と活動を公開!

土葬の風習と宗教

寿命がきて、命が尽きた際には、お通夜や葬儀を経て火葬場に故人を移動させ、骨を埋骨することが、現在の日本では一般的であるように思うのです。
それは、腐食や衛生面でも、これから生きる人にとって、故人との別れの儀式など色々なことでヨシとされていることなのでしょう。
そこに宗教がどれくらい介在しているのか、いささか自覚がない私です。と、いうのも、この国以外で暮らした経験がない貧弱な思考だからでしょうか。
共に暮らしてきた人の死を悼み、そして、これから生きていく私たちの幸せを願いつつ、死者を弔うということは、動物でも似たような行動をしているようにも見えます。自然な感情と行動だとも思えます。
そして、群れをなして暮らしている私たちが繁栄するために衛生的であったり、習慣であったりすることに、宗教が関わってきているようにも思えてくるのは、加齢の所為でしょうか。

人は命を授かった以上、必ず「死」は訪れるのです。その「死」に対しての扱いであったり、命あるこちら側の感情の扱いであったりと、何らかの理由をつけることに効果があるのが宗教であると、個人的な意見を持っているのです。

先住民の暮らしの中にあった死者との別れのやり方を支配者側の人から半、強制的に言語はもちろん、習慣まで否定され強制されてきた地域は地球上のいたるところにあるとも思えるからです。
どんな宗教を信仰しようと、自由であると、この国で暮らしている私は思えるのだけれど、この思想が許されない地域も世界には存在しているのですからね。

火葬での住民

日本で暮らしている私にとって、仏教での葬儀を経験することが多々ありました。 現在は、火葬をして弔っておりますが、昔の映画などでは、樽に故人を入れ土に埋め込んでいる映像も見ることもあります。 国と言っても、宗教と葬儀の関係が少なからずあるようにも思うのです。

水葬の方々について

海を航海している最中、なんらかの事情で、命を落としてしまった方がいた場合、どのようにして葬るのでしょうか。どんな理由で海上にいるのかの理由にもよるでしょう。アニメや映画などで目にするのは、火葬することもできず、泣く泣く、水葬せざるを得ない状況であるようも感じたことを思い出しました。

風葬など様々な別れ方

風葬などの習慣があるのは、土地柄ということも大きな要因でもあるように感じます。観光地の周辺の地域でも、現在も実在しているのかどうかは確認指定なのだけれど、風に持っていかれるように、自然に委ねるということなのでしょうか。そして、肉体に対しての関わり方が宗教によっても違ってくるというのでしょう。